騒音対策知識と情報(生活音・住宅・マンション騒音対策・工場・機械音・道路・飛行場・声・音楽)・サイレントデザイン

防音工事サイレントデザイン


騒音対策の知識と情報分析

閲覧に関する注意事項

騒音対策における、音の知識

騒音対策

家庭生活の中で起きている、住宅の生活の迷惑な音・子供の飛び跳ねに伴う振動音・イスなどの移動音・排水管の音【生活音】の感じ方は、個人の聴力性能・音の主観・音の必要性によって個人差があります。

【騒音】noiseとは、、一般的に、自分にとって好ましくない音・嫌いな音の事を言いますので、個人によってですが、うるさい音に対して感じる差と言うものが存在します。個人が迷惑な音と判断した場合の事例に対しては、騒音対策を考える事が必要になります。

日常の【生活音】以外でも、自分では心地よい音楽・楽器・歌・声・曲【趣味的な音】であっても、他人がうるさいと感じたら、それはその人にとっては生活の中の嫌な音【環境騒音】ambient noiseに他なりません。

一度嫌いな生活音や楽器などによる趣味の音で迷惑体験した人は、その音に対する嫌いな感情がインプットされると、過剰にその音が気になり、この様な感情になりますと、嫌な音を探し求める現象が起きてしまいます。壁に耳を付けて音が鳴ってないか等、聴こう聴こうとして、探し求めたりの行動に移る人もいます。
ピアノ教室の騒音対策
音に関する問題は複雑で、多分に感情的・身体的苦痛や悩みが主体なので判断が難しくなります。心理状態感情の個人差も大きいのが特徴です。

騒音対策を取る前に、普段より近隣の人との、より良いコミュニケーションを取ることによって、そうした感情の低減につながる場合もあります。

昔は長屋住宅等でお隣の会話も聞こえたりしてたのが普通で、普段のコミュニケーションや、お互い様の感覚等によってこうした問題もなかった様です。

現代の住宅では、お隣とのコミュニケーションも無く、騒音対策上で建物が静かな仕様となっているので、逆に小さな音でも気になる様になりました。静かすぎると、気になる現象は不思議な感じですが、それが現代の環境状況です。

カラオケボックスを例・・にしますと、自分が音量をあげてるので、他人が他の部屋で歌っていても気になりません。お互い様なのと、他人より自分の音の方が大きい事にもよります。この様な場合は、うるさいけど気になりません。

個人が音に対して不快でうるさいと感じたら、それは騒音と呼ばれても仕方ないのですが、住宅等の生活の中の生活音のレベルについては、国の一定の基準はありますが、騒音対策の法的な規制に関しては、都道府県・各市町村・行政により異なります。

知識参考・・【国の騒音環境基準のホームページ】 http://www.env.go.jp/kijun/oto1-1.html


基準値以下であっても、苦情等がある時は、各自の立場で騒音対策を考える必要もあります。

住宅等で防音工事を行わないで、個人で簡易な騒音対策を考える場合は、床に厚手の絨毯にしたり、イスに振動抑制のキャップを付けたり、お隣の部屋に近い壁に背の高い家具・本棚を用いたり、窓に厚手のカーテンを取り付けたりすることで、少しは音を低減できる場合もあります。個人での騒音対策に限度がある場合には、防音室の採用防音工事を考える事も必要かもしれません。

組立式防音室ですと、防音工事も不要で、賃貸でも家具の様に設置が可能な場合もあります。騒音対策では様々な知識と情報を基に対応策を考えましょう。



下記の表は住宅・家庭の生活音・楽器音・社会に存在する音が、どのくらいの大きさ(音量・音圧・音のレベル)かを表にしています。このDATAは騒音対策を考える上での基準知識や情報になります。

dB(デシベル)は音の大きさを表しています。なお、下記の音の知識データー情報についての転記・利用等については、サイト閲覧のご注意事項をご覧ください。

人間の通常の声・会話音は60~70dBですが、大多数の人は騒音に感じる人はあまりいませんが、楽器の場合ですと、音の大きさが同じでも、耳には音が声や会話よりも高く聴こえ、騒音と感じる場合が多くあります。

同じ音の大きさなのに、必要性や個人の音の趣向や好みによっても、音の大きさの感じ方の差が生じます。個人差が大きいので、一概に安心レベルと言えないことがありますので、騒音対策も必要な場合が生じます。

音響の基本知識



電話070-5083-9471

 Mail silent.sakata@gmail.com

FAX 03-3971-5539



最新NEWS

日本気象協会様に、防音室2台納品しました。

【文章発話におけるポーズと前後の発話との関係】 東京工業大学大学院総合理工学研究科 金沢工業大学情報工学科
シンポジウム実験で使用されました。

【ささやき声】で、wikipediaリンクされてます。


音の大きさを知りましょう 音(騒音)DATA 

音の大きさ(音圧・音量)が80dB以上の事例ですと、騒音対策を考える対象になるのではと考えられます。 50dB以下ですと、空気が存在していて生活範囲内ですので、特に防音対策は考えなくても良いのではと思います。ただし低周波等の音圧等の特殊な場合は注意が必要です。

音の大きさ 音の対象・騒音対策源(距離) 音の対象・騒音対策源(距離)
130dB 生ドラム・ロックバンド・パーカッション・コンガ・打楽器・振動 落雷・聴覚器官にダメージの影響が大きいライン
120dB テナーサックス・オペラ歌手・ライブハウス ジェット飛行機(200m)・新幹線鉄橋・飛行場
F1自動車の道路コース
まで〔50m〕
110dB アルトサックス・ピアノプロ・声楽アマ・金管楽器 ジェット飛行機(600m)・自動車の警笛(2m)
100dB ピアノアマ・プロボーカル・ファゴット・ハープ・吹奏楽〔20m〕 地下の構内・地下繁華街の音・犬の声(1m)
90dB ピアノ低学年・クラリネット・アマボーカル・フルート・ヴァイオリン 地下鉄車中・電車・パチンコ店内・滝の音(近く)
85dB フォークギター・オーボエ・チェロ・大きな声・電話の騒音 大型トラックのモーター音・電車線路まで50m
80dB ステレオ中音量・クラッシックギター・ヴァイオリン子供 ボーリング場・機械工場の音・大型幹線道路・工事
70dB 掃除機・夕立・潮騒・普通会話・テレビ中音・テレビ普通音
携帯電話の話声・日中の家庭の騒音
新幹線内・自動車内・静かなレストラン内・狭い道路
60dB 一般的な家庭の朝・テレビ小音・小さな会話・大型電気クーラー 学校の授業・銀行内の音・ホテル廊下・office事務所
50dB とても静かな環境のライン・換気扇・住宅のエアコン〔空調の音〕 静かな室内〔図書館・博物館〕・空調・クーラー
45dB ささやき声・鼻息・小雨の音・すやすや居眠り・防音用換気扇 昼の住宅マンション街・コオロギの遠音・換気扇
35dB 洋服を着る音・静寂・人の吐息・かすかな空気音 夜の住宅マンション街の静けさ・録音スタジオ
20dB やっと音として聴こえる程度・消しゴムの音・無音に近い状態 呼吸する音・雪の降る音・木の葉のそよぎ
10dB 聴こえる事の出来る限界(超サイレントな世界) 無音に近い・無響室・蝶の羽ばたき・髪のそよぎ

騒音対策知識と情報・防音性能の基準 silent design

静けさの推奨値表

騒音対策を考えるうえで必要な、各室内がどれだけ静かだったら良いかをdB(音圧・音量)で表した静けさの推奨値表です。無響室の20dBの音とはまったく聴こえない範囲です。
騒音測定器
人が生活する上では、空気の流通が絶対必要ですので、空気流通音・人の吐息・空調機・クーラー・エアコン・換気扇のかすかな音でも40~50dB位の音が存在します。

住宅の室内環境も50dB以下の音ですと、かなり落ち着いた静かな生活が保てる範囲となり騒音対策も必要ないレベルですが、個人によって音の感じ方はかなりの差が生じますので、数値だけでは判断できないところに、騒音対策の課題が存在します。

室内形態 最適な音(デシベル・dB)の範囲・500Hz
無響室(まったく響きの無い部屋) 20dB以下
録音スタジオ ・アナウンススタジオ・ 聴力検査室・聴覚検査室・住宅 40dB
ラジオスタジオ・特別病棟・ICU 45dB
テレビスタジオ・手術室・書斎・重役室・劇場・舞台・公会堂・音楽教室
空調・エアコン・クーラーの作動した一般家庭の部屋
45dB
映画館(休憩中)・プラネタリウム(休憩中)・礼拝堂・寝室・客室・応接室・
美術館・博物館・宝石美術店・ホテル
55dB
教室・体育館・ロビー・レストラン・銀行・一般事務室・OFFICE・ショールーム 55dB以上

騒音対策知識と情報・防音性能の基準 silent design

空気伝搬音の事例
騒音対策においての空気伝搬音は、会話・人の声・サックス・歌・ピアノの楽器音・風の音・テレビの音・空調・エアコン・クーラー等の空気中を漂って耳に聞こえる音をいいます。空気音を防ぎたい場合は、遮音材や防音サッシ・防音ドア・防音カーテン・防音室で防いだり、隙間をなくしたりして室内に騒音を透過させない工事の騒音対策が大切です。
D値(dB)
住宅の壁やマンションの構造物の騒音値・透過損失
D-60 聴覚には聞こえない
D-50 普通は気にならない
D-40 大きな音は聴こえる
個体伝搬音の事例
騒音対策においての個体伝搬音は、一般住宅・家庭でのお部屋や廊下を歩く振動音が上の階から聞こえたり、物を落としたり、椅子を引いたりする時の個体を通じた音や、お風呂やトイレの排水時に排水管などが、低微騒音を起こす時の騒音事例もこれに当たります。又、ドラムの打撃音やピアノのペダルを踏む時のコツコツした振動音もこれになります。

一般住宅・家庭生活での個体伝搬音・振動音の騒音対策は、設計段階で、建物の構造と響かない素材の吟味をしての施工が必要になります。又、建物が出来ている場合は、振動を制御する素材や、遮音シート等で防ぐ事になります。

あとからの個体伝搬音の防音はかなり大変ですので、建てる前の騒音対策の計画が重要です。コンクリートは重くて防音性能も高くて空気音に対しては、良い素材ですが、個体伝搬を引き起こす原因にもなるので、施工技術・構造や工事の仕様に注意が必要です。
LH値 重量衝撃音
階上で走ったり・飛び回ったりして下に伝わる振動値
LH-40 聴こえない
LH-45 少し聴こえる感じがする
LH-50 聴こえるが気にならない
LH-45 多少気になる
LH-45 かなり気になる
LL値 軽量衝撃音
階上で椅子を引いたり、軽い物を落としたりする振動値
LL-40 聴こえない
LL-45 多少気になる程度
LL-50 軽い物を落とすと聴こえる
LL-60 歩く音が聴こえる


騒音対策知識と情報・防音性能の基準 silent design


音の定義 音響知識


簡単には、空気への振動・圧力が、何らかの空気中の粒子や物体を通して【音波】elastic wave~sound wave と変化して、聴覚に伝わる範囲の現象をとして認識してます。この世に人と空気がないと、音として存在連動しなく、人の耳に聞こえなければ音ではなく、単なる物理的に音波としています。下の図は、壁や物体での騒音対策をした後に、耳に音が減衰し伝達プロセス。
音と空気の関係
直接・間接な音源振動【叩く・吹く・触る・蹴る・撫でる・擦る】等の行為や音を伝える物体・気体・液体・固体〔媒質〕等の影響で、空気中【媒質中】の粒子が連続的に分散伝搬し速度変化を起こします。

それが縦波【疎密波】の音波エネルギーとなって、私達の耳の聴覚器官に圧力変化〔音圧〕sound pressureとして達して、骨・神経器官・鼓膜等を通じ、脳に信号を送り、各周波数で形成された結果を、として感じ、それを騒音と感じる場合も個人差で存在します。その場合には
騒音対策が必要です。

音波の有る空間〔室内・室外・空間等〕を【音場】acoustic [sound] fieldと言います。音って1秒間に空気中で340m(15℃)、水中で1500m,も進む事が一般的に知られてます。この一秒間に音の進む長さはC(m/s)で表してます。

この様に音は空気の有る場所で存在する現象です。ちなみに真空の宇宙では、星の爆発音も聞こえません。映画の世界では不思議に聴こえてますね。


音響の基本知識



電話070-5083-9471

silent.sakata@gmail.com

FAX 03-3971-5539


騒音対策知識と情報・防音性能の基準 silent design


騒音対策のサイレントデザイン

This construction method will block out as much noise as possible.


初めに防音の知識を知りましょう。 音の基礎知識



騒音対策の会社サイレントデザインでは、住宅・マンション・建物の構造や現場の環境を十分に把握し、使用用途や音楽環境に合わせた、最適な施工計画を基本に防音素材の選定しています。

住宅・家庭内の楽器・音楽用工事では、室内の響き・音場、音の広がり感が一番のポイントになります。歌・ピアノ・サックスや楽器の音の独自性〔音色・音質・音圧〕と防音知識の融合によって最適な騒音対策を実現しています。


騒音対策施工図

■上の図は、サイレントデザインの施工構造ではありませんが、マンションの騒音対策の一般的な防音工事の計画図です。
騒音対策 sound isolation work&company silent design



音響の基本知識



電話070-5083-9471

 silent.sakata@gmail.com

FAX 03-3971-5539



騒音対策種類・音の形態・知識事例(住宅・工場・家庭・工事・振動・会話・生活・電気・自動車・飛行場・飛行機・電車・道路・車・声・歌・空調・エアコン・クーラー・換気扇)



家庭の防音工事

芸能音楽プロダクション〔東京渋谷区道玄坂OFFICEの施工〕

防音工事の価格 (マンション住宅の騒音対策)
騒音対策のサイレントデザイン

騒音対策知識・情報 sound isolation work&company silent design



※ 防音工事のお見積もり、下見打ち合わせは東京周辺でしたら、費用は無料です。
※ 色・外観はお好みに出来ます。サイズ高さも自由に対応できます。
※ 防音工事の遮音性能は40・45dB以外にも、大小対応してます。
※ 表示価格費用は概算ですのでご相談ください。
※ 住宅・マンション・工場・ホテル・会議室等の業務用工事も承っています。

■ 物置やガレージの中に防音工事もしています。この場合は価格もお安く設定できますので、ご相談下さい。


騒音対策 sound isolation work&company silent design



電話070-5083-9471

 silent.sakata@gmail.com

FAX 03-3971-5539





騒音対策知識と情報・防音性能基準 silent design

組立式防音室

防音工事不要で人気評判の防音室【組立式】

サイレントデザイン防音室【組立タイプ】

防音工事の出来ない賃貸住宅に最適
    家具の様にマンションで設置可能

簡易防音室



 防音室セール


防音室の特徴



防音室・工事・採用先

防音室採用先




防音室期間限定フェア

東京ショールーム地図


リンク集
サイレントデザイン防音室

賃貸マンションでも設置が可能なお勧め品

防音工事不要の組立式防音室

サイズも0.5帖~3帖と豊富






組立式防音室サイズ





防音工事価格よりもお求め安い費用

遮音性能も高く評判

低価格28万円より、用意してます

マンション防音工事の出来ない方に

組立式防音室



使用用途



◆防音工事が不可能な場所に最適です。

防音室リースレンタル


騒音対策知識で口コミ評判のサイレントデザイン


騒音対策

サイレントデザイン防音室・防音工事&会社関連メーカーリンク
防音室(組立式)

防音工事の知識

音響知識

騒音対策知識

防音室価格について

楽器の音量の大きさ

中古防音室の情報

防音用語集

ナレーションブース

防音室見学体験

勉強部屋・書斎

声優レッスン室

音楽療法知識

vienna gourmet

防音カーテン知識

吸音パネル素材

防音工事相談

防音室の運送会社

お客様メッセージ集

会社理念

レンタルリース知識

防音室ショールーム

声楽教室情報

URANAI

SEO対策知識

ドラム防音対策

防音製品価格

少年合唱団募集

埼玉声楽教室

vocalbooth

大学研究室設備

防音室会社採用例

今日の占い

マンションリフォーム

防音二重サッシ

E-SAX&防音室

ウィーンオペラ座

楽器と防音室サイズ

防音リフォーム知識

会社総合案内
ピアノ防音工事

組立式防音室2帖

音楽教室リンク

簡易防音室製作

防音室の購入感想

聴力聴覚検査室

楽器音量計算式

Angel uranai

防音室設置注意

ペット防音室

遮音性能計算式

中野区不用品回収

サーバーPC防音

個人会社リンク集

段ボール梱包運搬

マンション防音工事

組立式防音室3.0帖

宅録ルーム情報

段ボールルーム

個人情報の保全

マンション騒音対策

組立式防音室サイズ

アナウンスブース

ハッピーコンサルト

防音室最安値0.5帖

防音サッシメーカー

ペット占い

音楽ホール設計

遮音性能DATA

1帖サイズ防音室

ソウルメイト占い

ピアノフレンド掲示板

遮音性能計測方法

ヤマハピアノ買取

騒音の種類とは?

組立式防音室の振動

ボーカルスクール

防音室パネル素材

防音工事費用見積

HP閲覧のご注意


サイレントデザイン

counter


騒音対策知識サイト サイレントデザイン評判【防音室・防音工事】情報 silent design