組立式防音室設置注意と知識(サイレントデザイン防音室) silent design

ピアノ組立式防音室

防音室の設置等の注意

SILENT DESIGN

 防音室(組立式)の重さの注意
■ 防音室の重さ(積載荷重)ですが、建築基準法では 一般住宅に置ける重さは(1m×1mの1㎡当たりで180㎏)までとなっています。

例えば1395×1395のサイズの防音室ですと、1.395×1.395=1.946の面積となります。これに180㎏を掛けますと・・350㎏となります。この1395×1395の防音室でしたら350㎏まで、お部屋に置いて良いと云う事になります。ただし、建築の基礎の弱い建物の場合は、注意が必要なのは言うまでもありません。その他では、事務所(1㎡当たり300㎏)・店舗デパート(1㎡当たり300㎏)・劇場(1㎡当たり300㎏)までとなります。

■ 例えば、重量が300㎏の防音室の場合、重量の数値だけをそのまま読むと重く感じますが、大人5人分程度の重さです。炬燵に5人が入っている感じを想像してください。このスペースより広い面積に防音室が乗っている事を考えると、重さも想像できると思います。又、案外と家にある本箱の方が、本がぎっしりと詰まっていて、防音室より重い場合も多々あります。以上の様に考えると重量の参考になると思います。(床の構造や、配置する所が弱い場合には、設置できない場合があります)

■ 防音室の広さですが、一帖とは畳の一枚分を表しています。基本的な一帖の広さは、910×18201.65㎡となります。
0.5帖910×910、1.5帖1360×1820、2帖1820×1820、3帖2730×1820、4.5帖2730×2730、6帖3640×2730、8帖3640×3640と、ほぼ910を基本に掛けたり割ったりして計算します。
実際の防音室は施工上やパネルの基本寸法によって各社サイズの取り方が異なります。おおよそ各社で使われているパネルの寸法は幅が900か450の高さ1800か2000を基準としています。
また、サイズから?帖を求めるには、例えば、2266×3148の場合は・・2.266×3.148=7.1㎡となり、7.1㎡÷1.65㎡(一帖)=4.3・・4.3帖となります。

■ 住宅の遮音性能ですが、建築基準法によりますと、
1.鉄筋コンクリート造における壁の厚さは、100mm(10cm)以上あること。
2.コンクリートブロック造・無筋コンクリート造・レンガ造・石造の場合は仕上げまで100mm(10cm)以上の厚さがあることに決められています。
そして、これらの遮音性能は・・25Hzで25dB、500Hzで40dB、2000Hzで50dB以上の遮音性能が確保出来ることと決められています。

■ 防音に適した建物の構造ですが、RC(鉄筋コンクリート造)が最も良くて、ALC(鉄骨造)は隙間が多い構造のためにそれよりも遮音性能は落ちます。RCですと地下が最も防音に良いのですが、価格は地上の1.5倍ものコストがかかってしまいます。壁も厚くしませんと、土の圧力等に耐え切れません。そのために地上の壁より20cmも厚くしなければなりません。


以上、重量の問題やその他の理由で設置出来ない場所もありますので、導入の際は、管理会社・設計会社・住宅メーカー・不動産会社にて、お確かめ下さい。

サイレントデザイン組立式防音室の設置条件

■組立式防音室は、天井の高さが組立式防音室の高さより10cm以上無いと組立が出来ません。組立式防音室の天井を外側から乗せるので、それだけの間隔が必要です。

■組立式防音室の設置場所は床が平行で、傾斜が無く凹凸がない事が条件となります。平行でないと組立出来ません。
フローリングでも床が柔らかい素材や、和風の畳の場合は、合板を敷かれることをお勧めします。合板のオプション2000~3000円で用意あります。事前に床のレベルを平行にして、傾斜や凹凸無く御配慮ください。フラットで無いと設置はできません。

■ 防音室(壁の二面以上)の周りに作業スペースの無い部屋ですと、組立が難しい場合があります。

■ 組立式防音室の床を設置する際に、フローリング等のお部屋の場合は、傷つきやすいので、絨毯等も組立式防音室の下にあらかじめご用意ください。

■ 組立式防音室の搬入経路【廊下・階段・エレベーター】の幅や、高さが無い場合は、搬入できませんので、お確かめください。〔組立式防音室はパネルが一枚ずつ梱包されてます。


■ 防音室とお部屋の壁が接している位置の場合は、最低でも5cm以上開ける事をお勧めします。まったく間隔がなく接していると組立作業も困難で、壁と防音室の音の振動の増幅作用が出やすくなります。壁側に電源コンセントがある場合は、電源コードの先のコンセントが5cm程度あるため、組立作業に必要な壁との間隔は7cm以上が必要です。

■ 換気扇の排気口とお部屋の壁との間は、20cm以上の間隔を取ってください。

■ ミニクーラーの排気口からは、温度の高い排気が出ますので、十分に壁との距離を取ってください。


■お部屋や、建物によって、賃貸又は、分譲管理契約上置けない場合もありますので、十分に管理会社にお問合せ下さい。

■建物やお部屋によって、火災報知器・スプリンクラーの設置が義務ずけられている場合もありますので、管理会社にお問合せ下さい。当社では火災報知器・スプリンクラーの取り付けはしていませんので、取り付け工事は管理会社にご相談ください。



■ 防音室(組立式)の暑さ対策
室内の暑さと空調(クーラー・エアコン)

一般的に気密性が高いので、組立式防音室内が暑くなる傾向にあります。暑さ対策としましては、出来るだけ直射日光の当たらない、涼しい環境の所に防音室を置かれた方が良いと思います。日差しが当たる場合は窓のカーテンを閉めたりも必要です。

防音室のドアは使わない時以外は常時開けておいて、お部屋にあるクーラーで出来るだけ冷やして、防音室を涼しくしておくとかの工夫も必要と思います。それでも暑い時はクーラー・エアコン・;冷風扇・扇風機等で暑さ対策をします。又、楽器の保管上で温度・湿度の管理も必要な場合は、人や楽器の特性に合わせて、室内に乾燥除湿機等の設置をお考え下さい。

サイレントデザイン防音室(組立式)に付いてる換気扇ですが、クーラー・エアコンと違い、空気の循環と遮音を基本としていますので、暑さ対策のために設計されていません。そのため、外気の涼しさはあまり入りません。

狭い組立式防音室にクーラー・エアコンの取り付けを考えるには注意が必要です。市販の住宅用のクーラーですと、気密性の高い防音室の場合、冷え過ぎる傾向にあります。こまめな温度調整が必要です。CALORIEの少なめなクーラーもお勧めです。
冷風扇・ミニクーラー
組立式防音室へのクーラー・エアコンの販売取り付けは、当社の提携先で実施しています。この場合は、取り付け可能かのお部屋の下見が必要になります(下見有料)。すでに設置されている防音室への取り付けもご相談ください。クーラー・エアコン取り付け会社 
国立ピアノサービスが実施しています。フリーダイヤル電話 0120-585-851

その他ミニクーラーで評判の電気メーカーのコロナで出ているミニクーラーは、除湿機能もあり、扇風機よりはひんやりと涼しい風です。ただし、クーラーを取り付けるには防音室のパネルにダクトの穴を開けるので、遮音性能は穴の大きさに比例して多少落ちます。又、ミニクーラーですが、防音室の外(お部屋)には暖かい風が出ます。

除湿機能の無い冷風扇は、湿気が多くなるので、湿気対策を十分に考えましょう。
賃貸住宅の場合のクーラー取り付けは既存の住宅の壁に穴を開ける事は難しい場合もありますので、コロナ製・ミニクーラーも候補とされたらと思います。

ミニクーラーの性能や取り付けに際しては、製造メーカーの会社・コロナにお問合せください。

サイレントデザインでは、ミニクーラーは直接取り扱ってませんが、ダクトの穴を開けるオプションのみ対応しています。ただしパネルに直径10cm前後の穴を開けた場合に遮音性能は1~2dB前後の損失傾向にあります。

どうしても音楽に集中してると、余計に体温が上がる傾向にあります。
暑くなりましたら、ドアを開けて涼しい風を入れて休憩する事は、リフレッシュタイムにもなりますし、又、聴覚を休める事にもなります。大概の方は感じられ無いと思いますが、耳も知らない内に疲労しています。

冷風扇ブログ
 防音室の臭い
サイレントデザイン防音室では、身体へのシックスハウスの原因の基と言われているホルムアルデヒドの発散量を低減させ、日本農林規格(JAS)試験基準において、日本合板検査会によっての検査で、最高基準値の F☆☆☆☆(フォースター)を採用しています。サイレントデザイン防音室では、接着剤に関してもF☆☆☆☆(フォースター)を採用してます。

サイレントデザイン防音室では、F☆☆☆☆(フォースター)を採用してますが、防音室は音が逃げないように気密性が高いのと、狭い空間なので、普通の御部屋では感じない臭いがこもってしまう傾向にあります。特に新品の場合はこの傾向にあります。臭いは、F☆☆☆☆(フォースター)のパネルが完全に硬化するまで残りますが、経年減少で徐々に消えて行きます。臭いが気にならなくなるには3年~5年とのデーターがありますが、臭いの消える速度はパネルの硬化速度やお部屋の環境により消えるまでの期間は異なります。

特に夏場の暑い季節は、他の季節より硬化しにくくなって臭いを感じやすくなりますので、直射日光の当たらない涼しい場所への設置や、厚手のカーテンなどで日差しをさけて置き、お部屋のクーラーで冷やし、防音室を使わない時は、ドアを常時開けて、涼しいクーラー等の風を入れたり、新鮮な空気の循環をする事も必要です。使っている時は常時換気扇を使用しましょう。室内での暖房は温度が上昇するので、臭いを発散させる原因となりますしタバコも臭いがパネルに付着しますのと、火災の原因となりますので、お勧めしていません。

臭いに特に敏感な人では刺激を感じる場合もありますので、十分な注意と換気や休憩をとりながらのご使用をお勧めします。

どうしても臭いが気になる方は、評判口コミの良い無香料消臭材等(竹炭系)を用意していただけたらと思います。香りのきつい消臭剤ですと、防音室は気密性が高いので、香りがたまり過ぎてパネルに付着して、逆効果になる場合もあります。無香料の消臭剤(竹炭系)は東急ハンズ等・専門店でご相談ください。

気密性の高い防音室では臭いは、パネルの素材が硬化するまでの防音室特有の現象です。そのため臭気での対応・修理等はしていませんので、ご了承ください。臭いに敏感な方は、十分検討ください。

 遮音性能について



音源〔楽器・本人等〕は中心に位置させて、防音室より、1m以上離れた点線の所で遮音性能の計測してます。防音室で遮音性能の弱い箇所は、オプションの穴あけ部分〔クーラー・配線・ダクト用〕、ガラスの付いたドア開口部、換気扇の順番です。防音室の遮音性能は総合性能で部分性能ではありません。音源の発生場所を選択する事も必要です。上の図の場合は換気扇の付いてるパネルに背を向けて、右側に音を発生するのが良いかもしれません。吸音材はこの図の場合には、右のパネルの内側に設置することがベストになります。

遮音性能は、当社独自の周波数帯域と計算実験及び計測値です。遮音性能は口コミや評判に頼らずに、必ずショールームで音を発生させて遮音性能をお確かめ下さい。遮音性能は設置環境・オプション・その他の要因で、計測値が異なりますのでご了承ください。






上の図や式は、35dBの遮音性能を持った防音室を使用した場合の例です。

音の大きさが100dBの大きな音の楽器(ピアノ相当の音)を、防音室の中で吹いたとします。防音室は35dBの遮音防音性能があるので、100dBの音は遮音性能-35dBなので=65dBは自分の建物内には漏れてしまいます。

ピアノの音が人の話し声程度の音になります。耳で聞くと音が3割程度の音が減少した感じになりますが、30dB・35dBの防音室ですと、ドア付近や遮音性能の弱い箇所では、大きな会話は聞こえます。この場合は、吸音スポンジ等を貼ると、中高音域は多少低減します。

上の図の場合、比較的に遮音性能の良い45dBの壁となってますが、、音は弱い箇所に流れやすいので、防音仕様のサッシ窓〔インナーサッシ・ペアガラス等〕の30dBが基準となります。それにより距離も含め最終的に35dBの騒音対策になります。しかし、通常の住宅の窓は20dB程度の遮音性能しかないので、その場合は住宅環境と用途を十分に考えて使用する事が必要です。音は距離によっても減少しますので、この場合は、サッシから出来るだけ離れた所に置くのもポイントです。外の音が道路などがありますと、車の音は50~80dB程度の騒音なので、サッシからの音はまぎれて、目だたなく分からなくなる場合もあります。〔暗騒音〕

100%音の漏れない防音室の製作は可能かも知れませんが、一般的な住居を目的とする建物には相当な重量が加わるので、40dB以上の防音室の設置は不可能です〔防音工事では可能〕。50dBの遮音性能の防音室2帖ですと、計算上1000kg以上の重さになります。一般的な建物に防音室を置くには35dB程度が限界と思います。

防音室の遮音性能だけでなく、オプション取り付け〔穴あけ・ガラス等〕・部屋の構造・楽器の音の大小・建物の遮音性能・隣りの建物との距離・回りの音の環境等との関係で遮音性能や、耳への感じ方は微妙に変化して行きます。(音圧dB・距離・透過損失・暗騒音その他・・)

 防音室の振動の低減対策
■ 防音室自体の床は、浮き床構造となっていますが、重量があるので、防音室自体での振動の低減には限界があります。ピアノペダルやチェロ・コントラバス・打楽器等の特に振動のある楽器や、階下への振動を気にされる方には、下記の振動対策を参考にして戴ければと思います。ただし、住宅の構造や環境によっては、有効で無い場合もあります。又、この方法は床が水平になる様にしませんと、組立式防音室の場合は上手く組立が出来なくなる場合もあります。組立式防音室での使用でしたら、2帖以下のサイズに限定した方法となります。2帖以上の組立式防音室の場合は無理となります。

防音室の振動対策
 防音室の響きの対策
■ サイレントデザイン組立式防音室は比較的にライブな響きになっていますので、声の方には響きが良いと評判ですが、吸音の処理が必要な場合もあります。特に録音関係や、響きの多い楽器にお勧めします。厚手の表面がガサガサしたカーテンを室内に取り付ける方法でも、かなり吸音になりますし、口コミ評判での情報ですが、壁に取り付ける吸音材も市販でございます。

サイレントデザイン吸音パネルの購入
 サイレントデザイン組立式防音室の設置前の注意
■ サイレントデザイン組立式防音室は、天井の高さが組立式防音室の高さより10cm以上無いと組立が出来ません。組立式防音室の天井を外側から乗せるので、それだけの間隔が必要です。

■ 防音室(壁の二面以上)の周りに作業スペースの無い部屋ですと、組立が難しい場合があります。

■ 組立式防音室の床を設置する際に、フローリング等のお部屋の場合は、傷つきやすいので、絨毯等も組立式防音室の下にあらかじめご用意ください。

■ 組立式防音室の設置場所は床が平行で、傾斜が無く凹凸がない事が条件となります。平行でないと組立出来ません。又、フローリングでも床が柔らかい素材や、和風の畳の場合は、合板を敷かれることをお勧めします。合板のオプション2000~3000円で用意あります。

■ 組立式防音室の搬入経路の幅や高さが無い場合は、搬入できませんので、お確かめください。〔組立式防音室はパネルが一枚ずつ梱包されてます。


■ 特に2.5帖や3帖の大きなサイズの防音室の場合は、床が水平で凹凸がありますと組立が不可能ですので、事前に床のレベルを平行にして、傾斜や凹凸無く御配慮ください。フラットで無いと設置はできません。

■ 防音室とお部屋の壁が接している位置の場合は、最低でも1cm以上開ける事をお勧めします。まったく間隔がなく接していると組立作業も困難で、壁と防音室の音の振動の増幅作用が出やすくなります。壁側に電源コンセントがある場合は、電源コードの先のコンセントが5cm程度あるため、組立作業に必要な壁との間隔は7cm以上が必要です。

■ 換気扇の排気口とお部屋の壁との間は、20cm以上の間隔を取ってください。

■ ミニクーラーの排気口からは、温度の高い排気が出ますので、十分に壁との距離を取ってください。


■お部屋や、建物によって、賃貸又は、分譲管理契約上置けない場合もありますので、十分に管理会社にお問合せ下さい。

■建物やお部屋によって、火災報知器・スプリンクラーの設置が義務ずけられている場合もありますので、管理会社にお問合せ下さい。当社では火災報知器・スプリンクラーの取り付けはしていませんので、取り付け工事は管理会社にご相談ください。


 防音と聴覚の関係
■ 防音室での練習の場合は、必ず耳の休憩時間を取っていただきたいと思います。
耳には疲労感が無いので、ついつい長く練習してしまいますが、耳も疲労しますので休憩は大切です。

■ 騒音からの障害ですが、最近話題になっている低周波の場合は、人に聞えない音で20Hz~100Hzの空気振動が身体に影響を与えたりして、耳鳴り、頭痛、心拍数に影響を与えて、新しい騒音の種類で研究されています。同じパワーの音でも、人によって受け取り方がかなり違います。好きな音はどんどん聴きたいが、嫌いな音ですと、チヨットした音でも気になります・・。このように評価が分かれる防音と言う研究については、多分に心理的な部分が大きくなります。
大音量 身体的障害・・・・聴力異常、聴力損失
物理現象・・・・・建物の振動
不快音 感情の悪化・・・・イライラ・切れる
身体への影響・・・睡眠障害・休息障害
作業音 心理への影響・・・仕事の集中力低下
業務への影響・・・正確度や注意力の障害
その他の音 情緒不安定・・・・研究・正常な思考低下
コミニケーション・・・会話・伝達への障害

サイレントデザイン

〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-21-18 第一笠原ビル2階

サイレントデザイン電話070-5083-9471

サイレントデザインメール 会社Mail
silent.sakata@gmail.com

bouon@aol.com【予備】

お電話 070-5083-9471

FAX・℡ 03-3971-5539


組立式防音室設置注意と知識(サイレントデザイン防音室) silent design



組立式防音室

防音工事不要で人気評判の防音室【組立式】

サイレントデザイン防音室【組立タイプ】

防音工事の出来ない賃貸住宅に最適
    家具の様にマンションで設置可能

簡易防音室



 防音室セール


防音室の特徴



防音室・工事・採用先

防音室採用先




防音室期間限定フェア

東京ショールーム地図

※組立式防音室を展示中

リンク集
サイレントデザイン防音室

賃貸マンションでも設置が可能なお勧め品

防音工事不要の組立式防音室

サイズも0.5帖~3帖と豊富




組立式防音室サイズ



防音工事価格よりもお求め安い費用

遮音性能も高く評判

低価格28万円より、用意してます

マンション防音工事の出来ない方に

組立式防音室



使用用途

組立式防音室設置・注意・SIZE・演奏練習・河合音楽教室・カワイピアノ教室・声楽教室・研究室・聴覚検査室・聴力検査室・大学設備・ハッピーコンサルト・携帯電話ボックス・宅録ルーム・騒音対策・図書室・瞑想ルーム・ボーカルブース・アナウンスブース・カラオケ室・面接室・会議打ち合わせ・プライバシー・面談・楽器店・オフィス・店舗・マンション・防音室サイズ・ベルリーコーポレーション


◆防音工事が不可能な場所に最適です。

防音室リースレンタル


piano guitar sax cello violin flute vocal clarinet mixing recording narration announce


サイレントデザイン防音室

サイレントデザイン防音室・防音工事&会社関連メーカーリンク
防音室(組立式)

防音工事の知識

音響知識

騒音対策知識

防音室価格について

楽器の音量の大きさ

中古防音室の情報

防音用語集

ナレーションブース

防音室見学体験

勉強部屋・書斎

研究設備採用例

音楽療法知識

vienna gourmet

防音カーテン知識

ピアノ買取ニュース

防音工事相談

防音室の運送会社

お客様メッセージ集

二重防音サッシ

業務提携会社

会社理念

レンタルリース知識

防音室ショールーム

声楽教室情報

防音室の組立と分解

SEO対策知識

ドラム防音対策

防音製品価格

透過損失知識

埼玉声楽教室

vocalbooth

大学研究室設備

防音室会社採用例

提携業務情報

マンションリフォーム

ウィーンオペラ座

E-SAX&防音室

室内の安心レベル音

楽器と防音室サイズ

ピアノ騒音対策

大学研究設備

2帖タイプ情報

会社総合案内
ピアノ防音工事

組立式防音室2帖

音楽教室リンク

簡易防音室製作

防音室の購入感想

聴力聴覚検査室

楽器音量計算式

ベル中古防音室

防音室設置注意

ペット防音室

遮音性能計算式

不用品回収ニュース

サーバーPC防音

サウンドコレクション

段ボール梱包運搬

マンション防音工事

組立式防音室3.0帖

宅録ルーム情報

サックス防音対策

ボイストレーニング

組立式防音室0.8帖

個人情報の保全

契約保証の法的解釈

組立式防音室サイズ

アナウンスブース

dB・音の単位

防音室最安値0.5帖

防音サッシメーカー

近隣の騒音対策

音楽ホール設計

防音室の契約案内

1帖サイズ防音室

防音室ニュース

ピアノフレンド掲示板

遮音性能計測方法

冷風扇の知識コラム

騒音の種類とは?

組立式防音室の振動

ボーカルスクール

防音室パネル素材

防音工事費用見積

1.2帖サイズ防音室

happyconsult

HP閲覧のご注意


サイレントデザイン

counter


組立式防音室設置注意と知識(サイレントデザイン防音室) silent design