防音工事【費用・価格・料金・見積】情報サイレントデザイン業者東京都 silent design会社口コミ評判

防音工事


サイレントデザイン防音工事



防音工事の施工ポイント

六面体(床・壁・天井)と開口部の遮音性能
素材の厚さと重さ・空気層の厚さと密度(素材間の非干渉)
隙間の処理・振動を伝えない(絶縁処理・振動抑制)
デザイン装飾・色彩

室内音響と環境のポイント

快適な換気環境(エアコン・換気扇)
室内形状(非反響素材)
吸音材(吸音パネル・厚い絨毯カーテン)


防音工事
マンション防音工事構造図一例



サイレントデザイン防音工事グループでは、音の本質を大切にする防音工事で、多くの個人・会社・法人・ミュージシャンのお客様に信頼され施工してきました。

そうした感謝の気持ちを基に、防音工事価格【費用・見積・料金】もできる限りリーズナブルでお求めやすく提供させて戴いてます。使用用途や周辺の環境に合わせた、最適な施工計画を基本にしてます。

防音工事は、遮音性能はもちろんのこと、室内の響き【反響音低減・音場・音の広がり感】が一番のポイントになります。音の独自性〔音色・音質・音圧〕と音響知識の融合によって最適な施工技術により、防音計画を実践しています。


音響の基本知識


防音工事会社 silent design




防音リフォーム



防音工事・素材DATA

下の表は一般的な防音素材・材料を掲載したものです。面密度とは素材の㎡/㎏の重さです。面密度㎡/㎏の数字が大きいほど、遮音性能は良くなります。つまり重い素材・材料ほど、防音工事に有効である事を表しています。材料により見積り費用金額が異なります。

遮音性能DATA表

防音工事業者等においての、最低限必要なデーターで、この表で一番重い防音素材・材料ではコンクリートです。素材・材料のデーターはあくまで目安なので、保障するものではありません。実際の防音試算をした上での検討が必要です。

単体の素材・材料 面密度 複合の素材・材料 面密度
合板3mm 1.85 鉛0.3mm+合板5.5mm 6.80
合板6mm 3.70 鉛0.5mm+合板5.5mm 9.05
合板12.5mm 7.40 鉛1mm+合板5.5mm 14.70
ポリ合板2.7mm 1.60 鉛0.3mm+石膏ボー12.5mm 12.02
木質化粧ボード4mm 2.00 鉛0.5mm+石膏ボード12.5mm 14.27
石膏ボード9.5mm 6.17 鉛1mm+石膏ボード12.5mm 19.92
石膏ボード12.5mm 8.62 鉛0.3mm+フレキシブルボード5mm 11.50
石膏ボード15mm 10.49 鉛0.5mm+フレキシブルボード5mm 13.75
コンパネ12mm 7.20 鉛1mm+フレキシブルボード5mm 23.40
フレキシブルボード5mm 8.10 鉛0.3mm+木毛セメント板20mm 14.50
ラスボード7mm 4.80 鉛0.3mm+ラスボード7mm 8.2
PB12mm 9.00 鉛0.3mm+カラー鉄板0.4 6.55
鉛0.3mm 3.40 石膏ボード12.5mm両面+鉛0.5mm+空気層100mm 28.54
鉛0.5mm 5.65 フレキシブルボード5mm両面+鉛0.3mm 19.60
鉛1mm 11.3 石膏ボード9.5mm両面+鉛0.3mm+空気層45mm【GW入】 15.74
カラー鉄板0.4mm 3.15 アルミ引き違い窓5mm【エアータイト】 24.0
コンクリートブロック100mm 131.25 アルミ引き違い窓6mm【エアータイト】 30.0
ガラス3mm 7.50 ガラス5mm両面+空気層6mm 24.0
ガラス12mm 30.0 鋼製ハメ殺し窓6mmのペアガラス 30.0
ケイ酸カルシウム板12mm 18.4 ガラス6mm+空気層12mm 30.0
木毛セメント板20mm 11.1 ガラスブロック95mm 112.0
ナショナル遮音シート1mm 2.10 石膏ボード15mm×4枚+鉛0.5mm×2枚+空気層100 53.26
サンダムK-PRO2.1mm 3.80 防音工事材料 DATA
グラスウール5kg30mm 1.50 価格 silent
グラスウール50kg25mm 1.25 費用 design
PDボードNO.1212 19.0 料金 privacy

防音工事【費用・価格・料金・見積】情報口コミ評判サイレントデザイン業者東京都 silent design会社




音楽プロダクション
マンション渋谷区【芸能人音楽プロダクション】防音工事例



東京 silent design業者



遮音性能計算方法

面密度(1平米・1㎡あたりの重量)は、遮音性能の基準値となります。面密度だけでなく、空気層+周波数帯域を上手く考慮しながら、出来るだけ隙間も無いようにする事がピアノ防音工事の成功要因となります。



Li(入射音)、Lt(透過音)、TL(透過損失)・・・・TL=Li-Lt(dB)となります。

遮音性能計算式


防音



東京 silent design業者



  音源の音圧100dB - 防音壁の面密度を基にした遮音性能60dB = 透過音圧40dB

面密度が高い数値ほど遮音性能も高くなる傾向にあります。防音性能は材料の持つ重さに比例するのが、一般的な解釈です。防音工事の場合でも、重い素材を使用しますが、重さに耐えられない構造の住宅の場合は、空気層を厚くしてグラスウール・ロックウール等を充填して、遮音性能を確保してます。



防音工事口コミ評判【費用・価格・料金・見積】情報サイレントデザイン業者東京都 silent design会社



音の響きのコントロール


吸音

防音と異なる吸音知識

初めに【防音】遮音noise insulationと、【吸音】sound absorptionとを一緒の現象と思っている方が多いのですが、防音と吸音は全く異なる物理現象です。

音を単純に減らすものが【防音工事・防音室】での防音です。音のエネルギーを熱のエネルギーに、分解・分散してしまうのが吸音と呼ばれる現象で、マンション住宅の室内の音の特性を分解し、反響を減らし音の硬さを柔らかく変化させます。

特に吸音での音響処理はマンション住宅等での防音工事の、最適な音響を決めるポイントになります。防音工事において十分な吸音処理をしない場合は音の反発(反響)が高くなり、耳にも不快感が伝わります。

吸音は材料等に入って来る音のエネルギーに対して、吸音されたエネルギーとの対比で表したものを吸音率と言い、使用面積に合わせて平均化したものを平均吸音率としています。数値が高い方がより良く吸音することを表しています。吸音は周波数帯域によっても影響されます。

吸音データ

最適な吸音率としては、ピアノの場合は音域や周波数帯域が広いので0.23~0.34の間が良いとされています。歌・声楽・声・ナレーションはできるだけ吸音率0.16~0.23と低く設定しないと、響かない防音ルーム・アナウンス室だと無理に響かせようとして、発声に力が入り、歌いにくく疲れますね。ボーカルや歌の防音工事計画の場合は、多少ライブ傾向の室内環境の方が歌いやすいですね。

管楽器の場合は0.20~0.29程度で、もう少し響きを抑えたい場合(パーカッション類)は0.25~0.36となり、いずれの楽器も多少デッドな環境が望まれます。いずれにせよ、音質に合わせた防音工事での吸音率の設定はDATAや計算上はできますが、音の場合は各自感じ方も違い、防音工事計画で好みの音に適応させることは、人の感覚的な問題もあって、困難ですので妥協の範囲が必要になります。


東京 silent design業者



音響室内プラン

例えば音がキンキン響き過ぎる部屋を吸音すると、余計な反響が無くなり本来の音が蘇ります。又、室内で手をパーンと叩くと音の残響や反響が分かりますが、この音の響きの長さをコントロールするのも、吸音の役目です。

一般的に防音室内の音の環境は、設置されている物の位置や形に影響されたり、室内の間取りや形状・材質により【音場】acoustic [sound] fieldは微妙に変化します。そしてこれらの音場の音の質【音響】acousticをコントロールするのが、【吸音】sound absorptionです。
吸音材
ご家族には、歌(声楽・オペラ・ポップス)を歌いたい方も居れば、ピアノや管楽器(サックス・フルート)、弦楽器(バイオリン・チェロ)、打楽器(ドラム・シロフォン)を鳴らしたい方もいます。

音の性質や特徴がこの様に色々と異なる場合は、両方の音の環境をそれぞれ満足させる事は困難です。防音工事などでもある程度の音響線を決めて妥協しなければなりません。

一般的に周波数が高く、響きの持続・増幅音が長い音源の場所や楽器には、吸音力の多いデッドな環境が適していると言われてますが、逆に歌や声楽なんかの場合は、デッドな環境ですと、響かないので、歌の微妙な表現が出来ず、無理に過度な声帯のコントロールをするため、防音工事計画では吸音材を少なめにした、少しライブな防音室内環境が望まれます。

お部屋【音楽教室・ピアノ教室・防音室】等は、広ければ広いほど、音の環境として最適になります。防音工事の場合は部屋の形状を変化させたり、音源からの距離を有効に使うことができますが、狭い防音室【組立式防音室】の場合では、音響的にかなり不利な設計となります。これは音響設計上やむ終えません。

不快な反響を少しでも改善する防音工事施工では、吸音材(吸音板・スポンジ等)やグラスウール・ロックウール・反射木板・鏡・アクリルパネル板・布クロス等を設置して聴きやすい室内に近づけてます。

ホテル寝室・高級レストラン・談話室等では静かにしたいのでデッド、活気がある方がお店の営業に良いと思われる場合にはライブとか、その用途によって、防音工事の音場を決定する吸音材(吸音スポンジ他)は貴重な役目を持っています。


東京 silent design業者



サイレントデザイン防音工事

防音工事【費用・価格・料金・見積】情報サイレントデザイン業者東京都 silent design口コミ評判会社




防音工事 実際の施工方法
スタジオ床工事
床の防音工事施工方法

音楽スタジオ会社の、某ライブ音楽ホール床の強固な構造です。

コンクリート及び制振ボードの下に見える金具は、制振用のゴムの付いた金具です。楽器やドラムなどの振動を軽減するための防音工事の素材です。重い機材等かなりの重量物にも耐えられる構造です。

通常はボードの下に制振金具と吸音素材のグラスウール・ロックウールを充填します。この仕様は浮き床方式と一般的に呼ばれていて、音楽スタジオ会社等に評判の高い構造です。


スタジオ天井工事
天井の防音工事施工方法

音楽配信の会社業務用の音楽スタジオの天井の施工です。黄色の部分は吸音素材〔グラスウール〕です。これにより音の低減と響きを抑えます。

吸音素材〔グラスウール〕は、音圧の高い周波数等のエネルギーを分解して、音響を整えます。

天井下の表面には遮音性能のある吸音材質の石膏ボード等のパネルを貼っていきます。


マンション防音工事
壁の防音工事施工方法

この写真は、マンションの一室を個人の趣味でホームシアターにする目的の施工準備段階です。

既存の壁・床・天井を剥がして遮音パネルを設置して、内部の空気層に吸音を目的にした、遮音素材を取り付けているところです。高音域に対しての遮音構造仕様です。

ピアノ教室
音楽教室防音工事

一戸建てルーム建設

住宅のお庭や遊休地に、ピアノ教室・音楽教室専用の音響会社のスタジオ室を増設建築してます。

写真はまだ基礎の木枠の骨組み段階の防音工事過程ですが、これに防音性能のある特殊なパネルや音響に必要な吸音材を充填して行きます。


壁の工事
壁パネル施工方法

写真は、スタジオ・会社オフィスなどの壁の防音工事です。上手く施工した箇所に、あらかじめ40dBで測定計算されてる遮音パネルを設計の通りに設置します。

せっかく遮音性能のあるパネルを使っても、ほんの数ミリの隙間がありますと、遮音性能を損失します。

施工計画の中で、隙間処理は神経の使う箇所です。

静かな会社オフィスやスタジオを確保したいものです。


防音工事・住宅の床の施工サイレントデザイン
マンション防音工事

内装工事計画

これはマンションの部屋にピアノ教室を目的とした、床の防音工事の施工の写真です。

サイレントデザインでは、既存の床の下に遮音性能のある弾性素材を敷いて、その上から更に遮音性能を有する積層遮音パネルを取り付けているところです。


組立式防音室
防音工事の出来ない会社・オフィス
賃貸物件で設置可能

組立式タイプですと、施工工事も不要で短時間に設置が出来るのでとても重宝します。

賃貸マンション・テナントでも設置可能です。

引越しや移設の多い方にも心強い物となります。現状復帰もないので、会社オフィス・賃貸物件・店舗やショップ・音楽教室・楽器店でも気軽にご使用できて、評判口コミが高い製品です。

28万円~組立式タイプ

設置できる条件を満たした場所



防音工事【費用・価格・料金・見積】情報サイレントデザイン業者東京都 silent design会社


ハイグレード防音室【施工式】

防音工事性能


防音工事性能の知識

音源の音圧が100dBの大きな音なので、防音室の遮音性能35dBでは、室内には65dB聴こえます。建物の壁の遮音性能45dBで、サッシの遮音性能が30dBです。音は弱い部分に集まろうとしますので、実質には窓の外に35dBに減音されます。35dBの音は一般生活では、気にならない範囲となります。建物の周辺の環境や遮音性能によってマンション住宅の建物自体の防音工事見積の価格・費用が算定されます。
防音工事計測器



ハイグレード防音室

ハイグレード防音室は、防音工事と同じ施工作業になりますので、賃貸物件・テナントでは設置が出来ません。サイズ・遮音性能によって数日設置の現場での作業がかかります。設置計画にあたりましては、事前に設置現場での下見や打ち合わせが必要です。

ハイグレード防音室は、様々な用途に最適な音響特性を基に遮音・吸音設計され、音楽のプロの皆さまにも満足のおける、防音工事設計仕様の施工式防音室です。見積もり費用価格もお求めやすくて、ハイテクな防音室で口コミでも人気評判です。

お子様からプロミュージシャンまで、本格的な楽器演奏室・ピアノレッスン室・音楽教室・録音制作・映像鑑賞・ピアノ教室・カラオケ・業務用に採用されて、音楽家の間でも口コミ人気評判のハイグレード防音室(防音工事施工式)です。

ハイグレード防音室(防音工事施工式)の遮音性能は、35~60dBのタイプです。騒音レベル・90dB以上の大きな音にも対応可能で、様々な音楽環境に最適な設計サイズも豊富に用意しています。

賃貸住宅で防音工事が出来ない場合は、組立式防音室ですと、防音工事が不要の組立式ですので、お部屋を傷つける事無く短時間で設置が可能です。又、移設の場合も簡単に解体できて、次の場所に設置できます。


◆ 防音室の採用例 サイレントデザイン




ピアノ防音工事 音楽教室
ハイグレード防音室6帖タイプ(世田谷等々力)

サイレントデザイン防音工事
防音工事サイレントデザイン


日本では、まだまだ施工件数の多さをアピールする防音工事業者・建築業者や、騒音に対する知識・楽器本来の音の本質を知らない、施工業者・建設会社が多いのが現状です。

防音工事業者の中には、木造住宅でも、60dBの遮音性能の防音工事を謳っている業者もある様に聞いています。当社では木造住宅の建物の遮音性能60dB工事の計画は、木造躯体への影響を考慮して施工しない方針を取ってます。

防音工事の施工だけでしたら、防音専門の業者でなくても、どこの建築会社・工務店でも可能ですが、防音工事の場合はやり直しがききませんので防音計画には注意が必要になります。

音楽・楽器・歌用途の場合は、音の響き・演奏者の心、吹奏感、楽器知識が一番の音響施工計画ポイントになります。

サイレントデザイングループでは、様々な楽器や音・騒音に対して、ストレスの無い効果的な防音工事を心掛けています。マンション・住宅・オフィス・店舗・会議室等の静寂な空間や周囲への音の配慮、自然で心地良いピアノ・楽器・歌に最適な音楽環境づくりを目指し紹介提供しています。

空気中の音の伝搬だけでなく、固体を通じた音の振動、音の質感表現性等、これらを総合させて、より良い音の室内空間を改善した防音工事を目指しています。お気軽にお問合せ下さい。


防音工事価格

防音工事
STUDIO施工例


施工例に関してのプライバシー

お客様の施工例に関しましては、個人のプライバシー(守秘義務)重視のため、宣伝目的の掲載は控えておりますので、ご了承くださいませ。サイレントデザイングループ担当者が打ち合わせ時に施工写真等をご用意していますので、ご了承ください。一般の方はもちろん、法人・会社・芸能関係・トップミュージシャンの方も多く採用していただいてます。


■参考 音の基本知識

防音工事の現場風景


グラスウール
マンション施工例


防音工事の進め方

防音工事の進め方としましては、まず初めに、お客様のご希望の条件をお聞きし、現場の環境を十分に把握し、次に音の用途や環境に合わせた設計や遮音・音響素材の選定し、よりクオリティの高い技術施工方法を選択して行きます。

防音工事の現場風景

防音工事のこれらの一連の行程計画を経て、それにより好みの音響と高い遮音性能が得られる防音工事を実現します。(マンション・住宅・オフィス・会議室・店舗・音楽教室・ピアノ教室・楽器演奏・声楽・ホームシアター・オーディオルーム・録音作業・研究室・検査室等に採用さ口コミでも人気評判です。)


お問い合わせ

会社概要




防音工事の見積に関して

個人のお客様を主体としていますので、設計事務所・他業者等より、防音工事の価格・施工方法・技術ノウハウ・知識・費用・概算見積もりに関するご相談に関しましては、当社の技術のマネ・流失がありますので、基本的にお請けしていません。

防音工事の見積もり価格・費用に関しましては、建物の構造や現場の環境を十分に把握するために、施工場所での打ち合わせを基本にしていますので、概算でのお応えはしていません。価格に関しましては、概算掲載ですがホームページを目安としてください。新築予定の場合は、サイレントデザイングループ担当者にご相談ください。

防音工事の現場風景



壁の防音工事


下見打ち合わせ地域


防音工事の施工地域ですが、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・栃木・茨城・山梨・静岡・その他関東近県の日帰り区間を中心にお受けしています。

東京近県は訪問打ち合わせ・防音工事の見積り費用は無料です。

防音工事の概算回答は基本的には、していません。グループ担当者が現地視察・打ち合わせをした後に見積もりをしています。

関東から遠方地域の、愛知・大阪・名古屋・兵庫・京都・関西地方、仙台・福岡等の遠方のお客様は、防音工事料金の他に出張費用・宿泊費等の費用が加算されます。



防音工事価格




お問合せ電話 070-5083-9471

FAX℡ 03-3971-5539

防音工事メール  bouon@aol.com

メールsilent.sakata@gmail.com



防音工事【費用・価格・料金・見積】情報サイレントデザイン業者東京都 silent design会社


サイレントデザイン

防音工事不要で人気評判の組立式・ピアノ防音室

サイレントデザイン組立式防音室

防音工事の出来ない賃貸住宅に最適
    
   家具の様にマンションで設置可能
       
    音楽教室に最適な防音室

簡易防音室



 防音室情報


防音室の特徴



サイレントデザイン採用先

サイレントデザイン採用先




価格

東京ショールーム地図



リンク集
サイレントデザイン防音室

賃貸マンションでも設置が可能

防音工事不要の組立式防音室

サイズも0.5帖~3帖と豊富




組立式防音室サイズ



防音工事よりもお求め安い価格費用

遮音性能も高く口コミで人気評判

マンション防音工事の出来ない方に

組立式防音室



使用用途

東京・防音工事・価格・費用・見積もり・料金・構造・評判・口コミ・人気・防音室・ピアノ騒音対策・マンション・住宅・会議室・店舗・演奏練習・音楽教室・研究室・大学設備・書斎・勉強部屋・宅録ルーム・ハッピーコンサルト・図書室・ボーカルブース・アナウンスブース・打ち合わせ・施工・業者・会社・リフォーム・マンション


◆防音工事不可の場所に最適

防音室リースレンタル


東京都 silent design会社 防音工事【費用・価格・料金・見積】情報サイレントデザイン業者


防音工事&会社関連メーカーリンク
防音室(組立式)

防音工事の知識

音響知識

騒音対策知識

防音室価格について

楽器の音量の大きさ

中古防音室の情報

防音用語集

ナレーションブース

防音室見学体験

勉強部屋・書斎

研究設備採用例

音楽療法知識

vienna gourmet

防音カーテン知識

ピアノ買取ニュース

防音工事相談

防音室の運送会社

お客様メッセージ集

二重防音サッシ

業務提携会社

会社理念

レンタルリース知識

防音室ショールーム

声楽教室情報

防音室の組立と分解

SEO対策知識

ドラム防音対策

防音製品価格

透過損失知識

埼玉声楽教室

vocalbooth

大学研究室設備

防音室会社採用例

提携業務情報

マンションリフォーム

ウィーンオペラ座

E-SAX&防音室

室内の安心レベル音

楽器と防音室サイズ

ピアノ騒音対策

大学研究設備

2帖タイプ情報

会社総合案内
ピアノ防音工事

組立式防音室2帖

音楽教室リンク

簡易防音室製作

防音室の購入感想

聴力聴覚検査室

楽器音量計算式

ベル中古防音室

防音室設置注意

ペット防音室

遮音性能計算式

不用品回収ニュース

サーバーPC防音

サウンドコレクション

段ボール梱包運搬

マンション防音工事

組立式防音室3.0帖

宅録ルーム情報

サックス防音対策

ボイストレーニング

組立式防音室0.8帖

個人情報の保全

契約保証の法的解釈

組立式防音室サイズ

アナウンスブース

dB・音の単位

防音室最安値0.5帖

防音サッシメーカー

近隣の騒音対策

音楽ホール設計

防音室の契約案内

1帖サイズ防音室

防音室ニュース

ピアノフレンド掲示板

遮音性能計測方法

冷風扇の知識コラム

騒音の種類とは?

組立式防音室の振動

ボーカルスクール

防音室パネル素材

防音工事費用見積

1.2帖サイズ防音室

happyconsult

HP閲覧のご注意


サイレントデザイン防音工事【費用・価格・料金・見積】口コミ評判情報業者東京都 silent design会社



サイレントデザイン

防音工事カウンター


防音工事【費用・価格・料金・見積】業者情報サイレントデザイン口コミ評判 東京都 silent design会社