音楽療法site

音楽療法知識【ピアノ・楽器・α波・モーツァルト】の有効利用した効果

閲覧事項をご覧下さい。

音楽を使った心と身体の改善

音の基本知識

【音】は空気がある所に存在しています。空気を伝わって人に入りこんできます。人も当然空気のある所で存在してますので、常に人は音の影響下にあります。

音は振動現象の一つで、聴覚や体の表面で感じ、身体の内部にも入りこんで行きます。入り込んだ音は脳波や体内臓器にも影響を与えます。

当然、身体的な影響や効果だけでなく、心や人の考えにも影響を与えます。楽器・ピアノ・歌・作曲等の様々な変化の基となる【周波数・音波・音程・リズム】を与えると、ただの物理的な音でなく、人の心や体に癒しやハッピーな安らぎ・高揚感・活力を齎します。これらを利用して学問的・実践的知識に体系づけたのが、music terapyの根幹になっています。

このmusic terapyにおける研究は、まだまだ科学的データに乏しく、学問的に発展途上の分野なので、様々な実験が今も継続的に実施されています。人がより良く生きて行くのに最大にコンサルティング上で活用されるものと期待できます。



音楽療法では、身体や心身のダメージの改善を試みるために、音や・楽器・ピアノ・歌による外的刺激で音楽を聴かせたり、自ら鳴らしたり歌う事等の参加・内的刺激によって、音の基本要素である、音色・音程・波長・周波数・テンポ・リズムを有効に使い、各自に合わせた内容や症例に対して、身体・心身のダメージに対しての改善効果や、心の安定・生活の向上・ハッピー感等を試みるコンサルト的な行為をmusic terapyと言います。

どんな波長や周波数の音・楽器・歌が影響力・効果があるのか?その時間帯・場所・温度・気候・採光環境・体調状況・集中性・タイミング・どんな表現方法が効果が良いか等、様々な知識を基に検証・心理学的研究が必要と思われます。
音楽療法


過去の例ですと、モーツアルトMozartの曲が効果的とか、歌やオーケストラの楽器・ピアノの音色・波の音や川のせせらぎ、野鳥の鳴き声が有効だとか様々な症例が、実績として・口コミ・評判等で取沙汰されています。いずれも音の振動・周波数・音色・音程等の影響下にあります。

過去の立証DATAでは、クラッシックのモーツアルトMozartは良くても、ロックミュージックは適さないとかのDATA上の知識がある様ですが、科学的身体的根拠があまり感じる事が出来ません。バッハの曲はロックに共通する激しい音創りの箇所があるので、同じクラッシックでもバッハは適さないのかは疑問のある所です。ロックミュージックでもブルースの様にクラッシックと同じ様な静かな心落ち着ける曲も存在します。

古代エジプト・ローマの王侯貴族やヨーロッパでは、上流階級や宗教色・占い色の強いクラッシックの中にmusic terapyが存在してきたので、そうした人々は市民色・労働色・反抗色の強いジャズやロックミュージックに合わない場合も多く、music terapyも少なからず過去の歴史的な体系状で影響を受けてきた箇所もあるので、クラッシックのモーツアルトMozarが尊重されてきたのも分かる気がします。

この様に、音の好み・環境の違い・体調のタイミング・個人の身体的な相違等にも影響されて、それらに対するデータも超大になり立証が困難のため、有効性の全容性を説明解析するところまでは知識として学問として。まだまだ不透明で、音楽療法という研究分野は実証確立されていません。



言葉や音楽は、太古より音は人間の持っているコミュニケーションリンク communication=表現の一部です。そうした音のコミュニケーションは、愛や、安らぎ・リラクゼーション・癒しに対しての表現に用いられたり、20kHz以上の耳に感じない超音波の世界では、医学療法・ハッピーコンサルト・心理・産業・学術知識等の効果より様々な検査測定器や探知機等に採用されています。

コミュニケーションリンクの基となる周波数は、イルカや鯨の群れでは、周波数によつてお互いの存在の認識・会話交流としたり、コウモリも超音波で、餌を探したり、互いの位置を感知するレーダーとし生活してまいす。ただ人間の耳には超音波を感じる事は、その身体的な構造からして困難です。現代科学知識では、人には超人的なテレパシー的なコミュニケーション要素は無いとされています。



音の効果的要素の一つである周波数は、体の中にもあります。心臓の音・血液の流れる音等が存在しますが、気分が紅潮してる時や興奮時は、血液や鼓動も早く巡って、音の振動数・周波数も高めになり体内周波数も高めになり、反対にハッピーに気分的に落ち着いてる時等は、心臓の動き・血液の流れも遅くなるのて、体内周波数も低くなります。音楽効果に限らず、アルコール飲酒・占いセッション等でもそうした現象は起こります。

音波が一秒間に縦波となって、上下往復運動する数の単位を周波数frequency【ヘルツHz】又は、音の振動数と言ってます。

こうした周波数を含めた音の効果有効性ですが、商業的にも音楽を有効に活用してる場合があります。パチンコ店では活気のある、周波数の高い早いテンポの楽器の曲を流すことによって、ハッピーに士気を高める効果を期待しています。

ホテルなどはゆっくり落ち着いた遅いテンポの音楽・曲メロディー・soundを流してます。人だけではなく、植物や動物・その他に対しても、良い周波数のある音の振動を空気を介した伝搬によって、人に良い効果をもたらすとの学説やDATA・知識もある様です。身体に良いとされる周波数 α・アルファー波等は癒しの元となる代表的な周波数です。



周波数と身体の中の音の流れ

人は音の塊

血液の流れる音

心臓の鼓動

筋肉の収縮の音

骨の擦れる音

脳の動きの音

皮膚の摩擦の音



体内の周波数的なDATAでは、健康な人と、そうでない人の音は明らかに違っていると検証されています。ストレス・口論・別離・討論・アルコール飲酒・病気・占いセッション等にも影響されます。心理的に悩みの深い人と、心に落ち着きのあるハッピーな人の場合も音は微細に異なる様です。この音の中身は、体内周波数の変化値とも言われていて、consultingに際しても重要ポイントになります。

検証DATAではハッピーで心の落ち着いている時は、低い周波数となり、心に不安の多い時や身体の乱れのある時は、体内では高い周波数となる傾向にあると言われてます。医者などで、脈を取る時も血液の流れの状態変化で、体内の観測をしたりしますが、やはり音の質やテンポによっての医学的DATAを重視しています。

今後は、music terapyにおける治療に際しての効果的な有効利用だけでなく、体内周波数の変化値によって、病気も発見できるようになると良いとおもいます。周波数と心や身体と健康の関係も解明出来たりしたら楽しみです。
音楽療法


音楽効果の一例に、日本酒・ワインにピアノやクラッシックのモーツァルトMozartの曲を流していたら、味がマイルドになった?、野菜や果物を育てる所にロックの音楽・楽器を流していたら、早く育った?・・これらのハッピーな現象も良い周波数のある音楽振動を空気を介した伝搬によっての影響があると言われています。

牛や豚に、ピアノやクラッシックのモーツァルトMozartの曲を鳴らしていたら、キメの細かい繊細な肉となった?、・・その他様々な効果の例がある様ですが、何が効果有効的かをdataで検証するまでには、到って無いようです。モーツァルト効果の様に、目に見えない波動・音波等の空気振動が微妙に影響している説もあるようです。

以上の様に、music terapyにとっては、音の周波数は大変重要な効果のポイントになっています。身体に良いとされる周波数 α・アルファー波等は癒しの元となる代表的な周波数です。

周波数の活用方法では、産婦人科の赤ちゃんの検査や、魚群探知機・最近街のメガネやさんで見かけるメガネ洗浄機なんかもそうですが、周波数を基にした超音波が効果的に上手く活用されています。
音楽療法
周波数でも、体に良くないとされる周波数も存在します。代表的なのが、振動の極端に低い超低周波です。この低周波は社会問題にもなっていますので、周波数の見極めが必要です。



特に問題とされている超低周波ですが、窓やドアをガタガタ微振動させたり、人間の体内に静かに入り込み、生理的にイライラさせたり、身体に圧迫感を起こし痺れる様な感覚を与え、身体に悪影響をおよぼす事があると云われています。身体の治療を目指すconsulting時には注意が必要となります。

低周波を超える低さとして20Hz以下の超低周波LFは周波数(30kHz〜300kHz)、波長(10km〜1km)の電磁波で波長が長いのが特徴です。

しかし超低周波はあまりにも低い音なので、はっきりした音と感知しにくく、一般の人には聴こえない事が多いのと、計測するのも難しく、本当に超低周波からの影響と解明するのも厄介です。

超低周波の身近な発生源としては、一部の特殊な電気製品・家電製品・クーラー・乾燥機・車の走行音・工場の機械・建築工事・飛行機・ヘリコプター・電車の走行騒音・トンネル内の走行騒音・ボイラー・圧縮機・変圧器・エコ対策給油機の生活音等や、低周波地震や雪崩・台風・風力・河川の水流等の自然災害の音やダムの水の放出時の轟音からも発生していると言われてます。こうした低周波の実態は音楽療法知識の研究分野でも検証が必要です。要する低周波とは特別な音ではなく、いつも私達の身近にある音の一種です。


音楽療法
まだまだ、色々な周波数と人体への影響の関連性についてはっきりした音楽療法の学問的な根拠が気薄で、そのために、ある一部の人だけの問題にされる傾向があり、一般的には広く問題視されないため、法的な規制も検証段階とされているようです。低周波は、人をイライラさせたり、緊張させたりで精神的に影響します。音の選択や楽器・ピアノ・歌等を選択するにも注意が必要です。

しかし一方で低周波ですが、医療・生活・健康・趣味等への製品に積極的な試みもなされています。低周波を利用した治療器(低周波療法の治療器)製品・波動マッサージ療法・ペインクリニック・通電治療器においての血流の促進・リハビリ効果・transcutaneous electrical nerve stimulation(略称)TENSでの身体への直接通電による末梢神経への筋肉血流療法や、同様効果electrical muscle stimulation(略称) EMSによる筋肉の疲労回復・メタボのハッピーダイエット改善等に効果的に役立てられています。music terapyの際の使用時にも効果的かもしれませんが、様々な注意も必要となります。

周波数の活用に関しては、これからの音楽療法の課題として重要な要素の一つになります。今後のコンサルティング・研究・検証・効果に期待します。



音楽療法



音楽療法においての音の研究定義ですが、直接・間接な音源振動【叩く・吹く・触る・蹴る・撫でる・擦る】等の行為や音を伝える物体・気体・液体・固体〔媒質〕等の影響で、空気中【媒質中】の粒子が連続的に分散伝搬し速度変化を起こします。

それが縦波【疎密波】の音波エネルギーとなって、私達の耳の聴覚器官に圧力変化〔音圧〕sound pressureとして達して、骨・神経器官・鼓膜等を通じ、脳に信号を送り、各周波数で形成された結果を、音として感じてます。

人間の音の聴こえる範囲ですが、受音周波数としては、聴値周波数audible frequency, audio frequencyの範囲では、最小可聴値周波数(耳に聴こえる一番小さな音)20Hz&20μP気圧変動〜最大可聴値周波数(耳に一番高く聴こえる周波数〕20000Hzまでと言われてます。
音楽療法
music terapyにおける研究の上で大切な役割をしている、耳の器官ですが、周波数を受ける部分が周波数ごとにあり、最も敏感になる周波数としては、3000〜4000Hzで、低い周波数になるほど聴覚では受音しにくくなる傾向にあります。

そして年齢が上がると【加齢性の難聴】の影響で、特に高周波の帯域〔高い音〕が、若い時よりも聞こえにくくなってきます。音楽的な治療を実施する場合は、楽器・ピアノ・歌の種類に限らず、難聴の人や老人の場合は音の大きさ【ボリューム】にも注意を払いましょう。

色々な周波数の波の変化を【波形・波動】と言いますが、楽器・ピアノ・歌等の持っている色々な波形の違いで、音楽療法での音の音色を表現したりしています。

面白いことに波形の組み合わせは物理的な事ですが、音色による変化は、私たちに安らぎや癒しを与えてくれる効果もありますし、逆に有害になる事も認識検証する必要性があります。身体や心の治療においての研究方法として音とのコラボレーションによる効果的な心理学的コミュニケーション知識をうまく活用したいものです。
音楽療法
音楽療法士の公的機関の認定としては、国家試験での法制度は無くて、各県が独自に認定資格を出してます。奈良市・岐阜県・兵庫県が認定している県になります。日本音楽療法学会認定の資格が一般的な資格と言われてます。


silent design


サイレントデザイン防音室

音楽療法【瞑想】ルームにも最適

サイレントデザイン防音室【組立タイプ】

防音工事の出来ない賃貸住宅に最適
    家具の様にマンションで設置可能

音楽療法



 音楽療法効果


防音室の特徴



防音室・工事・採用先

音楽療法




防音室期間限定フェア

東京ショールーム地図

ハッピーな評判リンク集

音楽療法士

賃貸マンションでも設置が可能なお勧め品

防音工事不要の組立式防音室

音楽療法士のルームにも最適と評判




音楽療法士



防音工事価格よりもお求め安い費用

遮音性能も高く評判

音楽療法ルームにも最適

低価格28万円より、用意してます

組立式防音室



検索用語

音楽療法知識・瞑想ルーム・周波数・音響・波動・楽器・ピアノ・歌・音楽療法士・心理学研究室・心・身体・・効果・改善・癒し・口コミ・評判・サイレントデザイン・α波・ハッピーコンサルト・テレパシー・モーツァルト・α波・低周波・波動・音波・低周波・silent design


◆防音工事が不可能な場所に最適です。

防音室リースレンタル


silent design

サイレントデザイン防音室・防音工事&会社関連メーカーリンク
防音室(組立式)

防音工事の知識

音響知識

騒音対策知識

防音室価格について

楽器の音量の大きさ

中古防音室の情報

防音用語集

ナレーションブース

防音室見学体験

勉強部屋・書斎

声優レッスン室

音楽療法知識

vienna gourmet

防音カーテン知識

吸音パネル素材

防音工事相談

防音室の運送会社

お客様メッセージ集

会社理念

レンタルリース知識

防音室ショールーム

声楽教室情報

今日の占い

SEO対策知識

ドラム防音対策

防音製品価格

少年合唱団募集

埼玉声楽教室

vocalbooth

大学研究室設備

防音室会社採用例

提携業務情報

マンションリフォーム

防音二重サッシ

E-SAX&防音室

ウィーンオペラ座

楽器と防音室サイズ

防音リフォーム知識

会社総合案内
ピアノ騒音対策

組立式防音室2帖

音楽教室リンク

簡易防音室製作

防音室の購入感想

聴力聴覚検査室

楽器音量計算式

Angel uranai

防音室設置注意

ペット防音室

遮音性能計算式

不用品回収知識

サーバーPC防音

個人会社リンク集

段ボール梱包運搬

マンション防音工事

組立式防音室3.0帖

宅録ルーム情報

段ボールルーム

個人情報の保全

マンション騒音対策

組立式防音室サイズ

アナウンスブース

ハッピーコンサルト

防音室最安値0.5帖

防音サッシメーカー

ピアノ買取会社情報

音楽ホール設計

遮音性能DATA

1帖サイズ防音室

ソウルメイト占い

ピアノフレンド掲示板

遮音性能計測方法

ピアノ買取相場

騒音の種類とは?

組立式防音室の振動

ボーカルスクール

防音室パネル素材

防音工事費用見積

HP閲覧のご注意



happy life リンクフリー サイレントデザイン


silent design

来客


音楽療法知識サイト【ハッピーコンサルト協賛】 silent design