楽器【ギター・バイオリン・チェロ・歌・声楽・ボーカル・フルート・クラリネット・オーボエ・サックス・三味線・コントラバス】

ピアノ組立式防音室


サイレントデザイン&楽器別に合った防音室の選定基準のサイズ

サイレントデザイン防音室


ヴァイオリン・バイオリンに適した防音室のサイズ

バイオリンのサイズですが、1.2帖以上の広さが欲しいと思います。又、立奏の場合ですと。弓のトップが防音室の天井にと気になるお客様は、高さも室内で2100のハイロングがお勧めです。サイレントデザイン組立式防音室

遮音性能はバイオリンの場合は、35dBのお客様が若干多い程度です。ある程度の防音性能の良いお部屋に住んでいる場合は、30dBでも良いと思いますが、周辺の状況を把握しての選択が必要です。バイオリンの場合は、床への振動はあまり考えなくて良いと思います。



声・歌・ボーカル・声楽に適した防音室のサイズ

歌やボーカル・声楽の場合のサイズですが、人が一人の場合の最低のサイズで、0.5帖でも入れますが、目の前が壁となり、圧迫感があります。

壁が近いので反響も大きくなります。0.8帖以上は欲しいところです。1.2帖が一番適していると感じます。遮音性能は声量の少ない人でしたら30dB、大きい声の人は35dB以上と感じます。床への振動は、ご自分が吸音体となるので、あまり考えなくてもよいと思います。



ギターに適した防音室の評判のサイズ

ギターの防音室ですと、最低でも0.8帖のスペースが必要です。0.5帖はギターのネックが壁にぶつかりますので、弾けません。

遮音性能的には、アコースティックギター・フォークギターの音圧でしたら、30dBでも良いと思います。ただし弾き語りですと、35dBは欲しいところです。又、床への振動はあまり考えなくて良いと思います。

エレキギターの場合は、音量が大きいので、遮音性能35dBは最低確保したいところです。ただしそれでも大きな音には対処出来ないので、ボリュームを絞って対応する事が大事です。又、エレキギターの場合はアンプの振動が伝わりやすくなりますので、振動対策が必要になります。



フルートに適した防音室のサイズ

フルートの防音室ですと、0.8帖でも弾けますが、最低でも1帖か1.2帖以上が使いやすいのではないでしょうか。

座ってのfluteの演奏でしたらShort(室内の高さ約170cm)、立演奏でしたらlong(室内の高さ約190cm)となります。

遮音性能ですが、今までフルートで購入された方は30dB又は35dB半々程度でした。ご自分の環境に合わされて購入されています。

サイレントデザインでは、遮音性能数値等の判断だけではなく、ショールームでの体験を基に検討される事がベストと考えております。又、床への振動はあまり考えなくて良いと思います。サイレントデザイン組立式防音室



クラリネット・サックス・オーボエ・尺八等に適した防音室のサイズ

サックスやクラリネット・オーボエ・尺八等のサイズとしては、最低で0.5帖や0.8帖でも出来ますが、窮屈で譜面台も置けず、演奏状況もあまりよくありません。

1帖以上は欲しいところです。遮音性能的にはクラリネット・サックス・オーボエ・尺八等の場合は、35dB以上がお勧めです。



チェロ・コントラバス・ベースに適した防音室の評判サイズ

チェロ・コントラバスのサイズとしましては1.5帖以上、室内の高さは2100は必要だと思います。遮音性能35dBが良いと思います。

30dBでお使いの方もおりますが、この場合はもともとの既存の建物の遮音性能が良い事が条件となります。コントラバスの音圧〔音の大きさ〕ですが、85dB前後と考えられます。

それから床に直接楽器が触れるので固体を通じた振動が起きる場合も考えられますので、振動対策も必要だと思います。高さはlongだと、楽器を少し斜めにして弾かないと演奏体制が出来ないかもしれません。通常はサイレントデザイン組立式防音室の背の高いハイロングをお勧めしてます。



生ドラム・サイレントドラム(ローランド・ヤマハその他)適した防音室のサイズ

生ドラムは、組立式防音室での遮音性能に対応出来ないので、使用はお勧めしていません。生ドラムにはハイグレード防音室の45dB以上をお勧めします。

消音タイプのサイレントエレキドラムでしたら、音量も調整できますので、35dB以上の遮音性能があればと思います。

消音タイプのエレキドラムの場合は一番の注意点が、床の振動対策です。その点を注意しながら使用を考えましょう。

ドラム防音室のサイズに関しては、置く機材の多さでも決まりますので、一概には言えませんが、最低で2帖以上は必要かと思います。



ピアノに適した防音室のサイズ評判
サイレントデザイン組立式防音室
アップライトPIANOの場合は、最低で1.5帖より入りますが、サイレントデザイン組立式防音室の2帖以上がお勧めです。

小さなグランドでしたら、3帖でも入ります。遮音性能は、いずれも35dB以上は欲しいところです。しかし個人のヤマハ音楽ピアノ教室に30dBを入れた場合もありました。

先生もそれで満足されている例もありましたが、そこは建物の自体の環境も優れていたので30dBでも良かったのですが、やはり最低でもピアノ防音室では、遮音性能35dBは欲しいところです。

狭い防音室の場合には、ピアノ音の反響が起きますので、吸音処理の対策が必要です。床にふかふかの絨毯・壁に厚手のカーテンを施すと多少吸音効果があります。

市販の吸音材スポンジ等を貼るのも良いと思います。又、ピアノの場合ですと脚が直接床に触れているので、床への振動対策は必要です。 ピアノに良い室内環境


楽器【ギター・バイオリン・チェロ・歌・声楽・ボーカル・フルート・クラリネット・オーボエ・サックス・三味線・コントラバス】

組立式防音室

防音工事不要で人気評判の防音室【組立式】

サイレントデザイン防音室【組立タイプ】

防音工事の出来ない賃貸住宅に最適
    家具の様にマンションで設置可能

簡易防音室



 防音室セール


防音室の特徴



防音室・工事・採用先

防音室採用先




防音室期間限定フェア

東京ショールーム地図

※2017年より消費税10%になります。

リンク集
サイレントデザイン防音室

賃貸マンションでも設置が可能なお勧め品

防音工事不要の組立式防音室

サイズも0.5帖~3帖と豊富




組立式防音室サイズ



防音工事価格よりもお求め安い費用

遮音性能も高く評判

低価格28万円より、用意してます

マンション防音工事の出来ない方に

組立式防音室



使用用途

楽器防音室・レッスン・演奏練習・音楽教室・ピアノ教室・声楽教室・研究室・聴覚検査室・聴力検査室・大学設備・書斎・勉強部屋・携帯電話ボックス・宅録ルーム・騒音対策・図書室・瞑想ルーム・ボーカルブース・アナウンスブース・ヤマハ・ハッピーコンサルト・だんぼっち・カラオケ室・面接室・会議打ち合わせ・プライバシー・面談・楽器店・オフィス・店舗・イベント会場・マンション・防音室サイズ


◆防音工事が不可能な場所に最適です。

防音室リースレンタル


楽器【ギター・バイオリン・チェロ・歌・声楽・ボーカル・フルート・クラリネット・オーボエ・サックス・三味線・コントラバス】

サイレントデザイン防音室

サイレントデザイン防音室・防音工事&会社関連メーカーリンク
防音室(組立式)

防音工事の知識

音響知識

騒音対策知識

防音室価格について

楽器の音量の大きさ

中古防音室の情報

防音用語集

ナレーションブース

防音室見学体験

勉強部屋・書斎

声優レッスン室

音楽療法知識

vienna gourmet

防音カーテン知識

吸音パネル素材

防音工事相談

防音室の運送会社

お客様メッセージ集

会社理念

レンタルリース知識

防音室ショールーム

声楽教室情報

今日の占い

SEO対策知識

ドラム防音対策

防音製品価格

少年合唱団募集

埼玉声楽教室

vocalbooth

大学研究室設備

防音室会社採用例

提携業務情報

マンションリフォーム

防音二重サッシ

E-SAX&防音室

ウィーンオペラ座

楽器と防音室サイズ

防音リフォーム知識

会社総合案内
ピアノ騒音対策

組立式防音室2帖

音楽教室リンク

簡易防音室製作

防音室の購入感想

聴力聴覚検査室

楽器音量計算式

Angel uranai

防音室設置注意

ペット防音室

遮音性能計算式

不用品回収知識

サーバーPC防音

個人会社リンク集

段ボール梱包運搬

マンション防音工事

組立式防音室3.0帖

宅録ルーム情報

段ボールルーム

個人情報の保全

マンション騒音対策

組立式防音室サイズ

アナウンスブース

ハッピーコンサルト

防音室最安値0.5帖

防音サッシメーカー

ピアノ買取会社情報

音楽ホール設計

遮音性能DATA

1帖サイズ防音室

ソウルメイト占い

ピアノフレンド掲示板

遮音性能計測方法

河合ピアノ買取

騒音の種類とは?

組立式防音室の振動

ボーカルスクール

防音室パネル素材

防音工事費用見積

HP閲覧のご注意


サイレントデザイン

counter


楽器【ギター・バイオリン・チェロ・歌・声楽・ボーカル・フルート・クラリネット・オーボエ・サックス・三味線・コントラバス】