ピアノ買取サポートにようこそ【正規古物商認定業者】

ピアノ情報
counter

ピアノ買取
ピアノ買取査定、回収費用に関しましては、

無料でお応えしています。

当サポートセンターまで

お気軽に、お問い合せ下さい。


行政情報

役所の回収状況

市・県・行政側に粗大ゴミ扱いで引取ってもらえればよいのですが、ピアノは大型で重量もあり運搬引取りが大変で、様々な部品も付いていて解体も困難ため、県・市や行政側が、ピアノを粗大ゴミとして引取り扱わないケースも多いのが現状です。

この様な場合は行政側の指定してる業者等に、運搬料及び廃棄処分の費用を支払っての処分になる事も多い様です。

サポートセンターで有益な処分の解決お勧めしています。

ピアノ買い取り

ピアノ買取サイトベルリーコーポレーション&HP制作会社サイレントデザイン

必要情報をお知らせください。

ピアノ買取

1 メーカー名【会社名】 鍵盤蓋を開けて見ます。   YAMAHA KAWAI
 例・・・ヤマハピアノ  カワイピアノ  河合楽器

2 品番・タイプ・種類 【天板を開け、内部右隅に書いてます】
 例・・・U1 U3H 、YUX

3 製造番号 【天板・天井屋根を開け、内部右隅に書いてます】
 例・・・№123456

4 ペダルの本数
 例・・・2本 3本

5 所在地・設置場所
 例・・・東京都豊島区〇町〇丁目〇番

6 お名前・電話
 例・・・鈴木太郎 123-456-789

7 設置場所・引取り方法
 例・・・2階 階段 エレベーター クレーン


引取り時の・階段・クレーン・エレベーターの作業の有無等をお知らせください。購入なされた時に、どのように搬入設置されたか等お知らせください。




◆その他のピアノ買取情報

1 椅子の有無
2 ピアノ調律の状態
3 傷の状態
その他

ピアノ買取・査定~お引き取りまで


ピアノ買取



ピアノを購入なされた時に、どのように搬入設置されたか等お知らせください。

今回のピアノ引取り時の階段・クレーン・エレベーターの作業の有無等をお知らせください。

ピアノ買取で有効利用

世界には、ピアノが高額で買えない子供たちがいます。

お客様の不要になったPIANO、古くなって使ってない、眠っているPIANOが、適切な処分方法や修理を経て再生した後に、そうした世界の子供達をはじめ、日本の音楽を愛する多くの人々に役立つ事が出来ます。

ピアノは70%が木材から出来ている自然素材です。ピアノ買取や処分で有効的に活用すれば資源としての再利用が可能です。

ピアノの適切な再生方法を考える事も、生活エコ対策の一つかもしれません。大切な資源で最適なリサイクル方法を考えましょう。

全国取扱い地域
ピアノ買取カワイ・ヤマハピアノ買取地域

広島県 愛知県 岐阜県 大阪市 大阪府 埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県 長野県 富山県 東北 青森県  岩手県 京都府 滋賀県 奈良県 岡山県  三重県 近畿  関東  東京都 神奈川県 石川県 福井県 島根県 岡山県 兵庫県 和歌山県 鳥取県 山口県 四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 山梨県 新潟県 仙台市 名古屋市 神戸市 宮城県 秋田県 山形県 福島県のピアノ買い取りサポート会社です。タケモトのピアノ買取サイトではありません。


ピアノ買取サポートベルリーコーポレーション&HP制作会社サイレントデザイン

ピアノメンテナンスと騒音対策

ピアノは天然樹木の材料を主体としているために、生き物と同じで湿度・温度の影響を微妙に受ける鍵盤楽器です。

ピアノは室内の環境【湿度・温度・空調】によりタッチ(打弦感触)、音色・響きに変化が起きやすく、ピアノの設置場所としては、出来るだけ調理場・浴室・洗面所からの湿度・温度の影響を受けない所に設置しましょう。室内の温度16℃~20℃・湿度50~60%が理想的です。

設置場所としては、お部屋の温度・湿度の変化の少ない環境が適しています。又、直射日光が当たらない所で、壁や窓・サッシから離して余裕を持って置きたいものです。

素材が木材の鍵盤楽器は湿度温度に敏感に影響されるため、冬場は暖房機を近くに置いたり、楽器に直接向けないこと。部屋は徐々に適温にして行く様にして、急な温度・湿度変化をさせない様に心がけましょう。

音が自然に聴こえる様なお部屋の形としては、正方形の部屋は響きやすいので、長方形の部屋に置きたいものです。又、お部屋には適当に段差をつけたり家具を置いたりして部屋に変化を付けると、それだけでも音響特性が変化します。

ピアノのメンテナンスを心がけることで、長く快適に使用する事が出来ます。年に一回の調律も考慮しましょう。ビアノ買取の時に少しでも良い状態でしたら、査定内容も変わります。

ピアノの騒音対策ですが、音を減音させる事が基本ですが、ただ単に止めるのではなくて、楽器に合わせた響きの処理(吸音残響処理)がポイントになります。

お部屋の不快な共鳴現象(残響・反響)を吸音処理によって、デッド(響きの少ない)・ライブ(響きの多い)の効果的な音場環境を創造する事が大切です。

特にマンションは硬い素材のコンクリートが壁の外側に存在するので、音が響く原因となります。逆に木造の場合は畳のお部屋等が多いと響きは低減します。

ピアノ背面方向や、後ろの壁に吸音材を貼る様な簡易的な製品での処理の場合、楽器本来の音が変わり、自然な音響感覚を得るのが難しくなる場合も多いので注意が必要です。キンキン響き過ぎる部屋を吸音すると、余計な響きが無くなり本来の音が蘇ります。

騒音対策を心がけることで、快適な演奏環境が整います。


ヤマハピアノ買取サポートセンター【カワイ査定価格・料金・費用・価格・相場情報】

サポートセンター【お問合せ】

ピアノ買取情報【査定価格・費用・料金体系】を無料でお応えしていますので、安心してメール・お電話にて、お気軽にお問合せ下さい。


ピアノ買い取り

会社
東京都豊島区東池袋3-2
TEL 03-3971-5539



お気軽にお問合せください。

会社総合受付メール
メール  bouon@aol.com


サポート部署受付メール
gmail silent.sakata@gmail.com


お問合せ電話
070-5083-9471

fax
03-3971-5539


ピアノ買取サポートベルリーコーポレーション&HP制作会社サイレントデザイン

リンク集

防音室       ◆声楽教室        ◆ウィーンオペラ座      ◆中古防音室


ピアノ騒音対策   ◆騒音対策知識     ◆サイレントデザイン      ◆女性占い

浜名楽器     ◆防音工事       ◆聴力聴覚検査室       ◆ピアノ買取

ハッピーコンサルト    ◆音楽リンク集     ◆音楽療法      ◆音響知識

sitemap

counter